c型肝炎~ビタミン摂取でウィルス寄せ付けない~

サプリメント

c型肝炎をやっつけよう

ビタミンとc型肝炎

サプリメント

c型肝炎とは、c型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされる肝炎です。輸血による感染が問題となった1970年初頭ころから、多くの人に認知されるようになりました。放置すると、肝臓の炎症が起こり細胞が破壊されていきます。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、初期はほとんど自覚症状があらわれません。気づいた時には肝硬変や肝臓がんに進行しているケースがある恐ろしい病気です。 c型肝炎治療に効果的な成分がビタミンです。中でも活性酸素撃退効果があるビタミンCや、老廃物代謝を促進させるビタミンB群はc型肝炎に効果的だといわれています。 ビタミンの貯蔵機能がある肝臓ですが、機能が低下するとビタミン不足に陥ります。c型肝炎を改善させるためには、積極的にビタミンを摂取していくことが重要です。

治療にはサプリメントを

ビタミンCやビタミンB群のサプリメントは、コンビニや薬局等で購入することができます。インターネットを利用すると、様々な製品の口コミや価格を一度に比較できるので大変便利です。 ビタミンの他に、シジミエキスや牡蠣等の成分も肝臓に良いといわれています。シジミ等には、肝臓の修復を行ったり、機能を活性化させる成分が多く含まれています。それらの成分を凝縮し、飲みやすくカプセル化されたサプリメントは、多くの企業から発売されています。それぞれ、特長や価格が異なるので、自分の症状や予算に合った商品を見つけることが重要です。 食事だけでは、どうしても補いきれない部分をサプリメント等を利用し、うまくカバーしていくことが大切です。